シェリキサーポウ 成分説明:


・ HGH(細胞成長促進因子)(自己再生促進)
HGHは、年齢とともにその分泌が減少していってしまうといわれております。
HGHの分泌量が減少すると、肌の衰え、シミ、シワ、たるみなどさまざまな老化現象が現れます。
バイオテクノロジーの技術で作られた成分で、成長ホルモンと同じ191個以上のアミノ酸の構造体を持つHGHを補うことにより、生まれる細胞を元気にしてお肌を活き活きとさせて行きます。


・ AC−11 (遺伝子修復)(アポトーシス調整)
キャッツクローという植物より新規抽出方法により得られた抽出エキスです。
副作用の無い薬用植物としてWHOが公式認定。
新たに発見された「カルボキシアルキルエステル」という成分が紫外線などにより損傷DNA修復機構を有することから、シワ・シミ・美白等に期待されています。


・ ビフィズス菌発酵SODリッチ (遺伝子保護・修復)(持続性SOD)
ビフィズス菌の醗酵代謝物で、ビフィズス菌培養物から抽出したエキス。
表皮細胞に栄養を与えて肌のバリア機能を健全に保つことが期待されています。
体内での吸収性・持続性が高いSOD活性による酸化防止、活性酸素や公害による体内汚染物質の除去などの目的があります。


・ セラミド (細胞間脂質)
セラミドは皮膚の角質層で細胞と細胞の間を埋めている主要成分です。
角質は水分の蒸発を防ぐことで肌の潤いを保っています乾燥した肌はセラミドが不足してしまい、汚れや細菌などが侵入しやすい状態になってしまいます。


・ トレハロース (天然保湿成分)
自然界に広く存在する天然の糖質 トレハロースは、優れた保湿性を持ち、脂質の変敗を抑える、細胞膜を保護するなどの特徴があります。
トレハロースの優れた水分保持力・保湿性は、 保湿・荒れ肌などに用いられる成分として注目されています。


r